歯槽膿漏 治す 歯磨き粉

歯槽膿漏を治す歯磨き粉

 

歯槽膿漏,治す,歯磨き粉

 

 

歯槽膿漏とは歯周病が悪化して起こる症状です。

 

歯槽膿漏が悪化すると痛みが強くなり、臭いも出てきます。

 

酷くなると治療も大変なので、その前に予防することが大事です。

 

 

 

歯槽膿漏の予防なら簡単にできます。

 

思想膿漏の予防に効く歯磨き粉や液体歯磨きを使ってブラッシングをしましょう。

 

おすすめは「プロポデンタル」です。

 

プロポデンタルは、歯槽膿漏、歯垢や歯石、歯周病、口臭などに効果があり、とても人気のある商品です。

 

 

プロポデンタルの詳細はこちら↓

 

歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】

 

 

 

他にも歯槽膿漏を予防する歯磨き粉は、各メーカーからいろいろ発売されていますので、今最も売れているものをランキング形式でいくつかご紹介してみたいと思います。

 

 

 

その前に少しだけ、歯槽膿漏を治す歯磨き粉の選び方をご紹介します。

 

歯槽膿漏の原因は、歯垢です。

 

歯垢は菌の塊ですので、殺菌成分の入っているもの。

 

 

 

また、歯槽膿漏は炎症を起こしているので、炎症を抑える成分の入っているものを選びましょう。

 

歯槽膿漏の原因である歯周病菌を殺菌するために塩酸クロルヘキシジン・塩化セチルピリジニウムなどの殺菌成分が入っているといいですね。

 

炎症を抑えるものとしては、β-グリチルレチン酸・イプシロン-アミノカプロン酸などの炎症を抑える成分が入っているものがいいです。

 

 

 

それから、研磨剤の入っているものやめましょう。

 

歯槽膿漏は酷くなると、歯茎が下がってきて象牙質の部分が出てきてしまいます。

 

この象牙質の部分はとても柔らかく、研磨剤の入っている歯磨き粉で磨くと簡単に傷がついてしまい歯を痛めてしまいます。

 

なので、歯磨き粉を選ぶ際には研磨剤が入っていないか、配合量の少ないものを選ぶようにしてください。

 

 

 

また、象牙質の部分が露出したままにしていると、歯がどんどん傷んでしまいますので、「フッ素」が入っている歯磨き粉を選ぶといいでしょう。

 

フッ素は歯の再石灰化を促す効果があります。

 

 

 

歯磨き粉には泡立つものと泡立たないものがありますが、泡立つほうはどうしても口をゆすぎ過ぎてしまいます。

 

そうすると有効成分も吐き出すことになってしまいますので、なるべく泡立たないものを選ぶようにしてください。

 

 

 

 

第1位 プロポデンタルリンスR&C

 

歯槽膿漏,治す,歯磨き粉

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】

 

 

プロポデンタルリンスR&Cの特徴は

 

・もっとも強力なブラジル産プロポリスを配合

 

  プロポリスは、消毒・殺菌効果が非常に高いのが特徴で、その殺菌力で歯槽膿漏を予防します。

 

・薬用成分イソプロピルメチルフェノール(IPMP)

 

  有効成分が浸透しにくい歯周病バイオフィルムに浸透して歯周病菌を殺菌し歯槽膿漏を防ぎます。

 

・塩化セシルピリジニウム(CPC)

 

  殺菌作用によって歯垢の形成を抑え歯槽膿漏を予防します。

 

・酢酸トコフェロール(ビタミンE)

 

  血行を促進し歯茎を活性化させることによって歯槽膿漏を予防します。

 

・キシリトール

 

  虫歯原因菌の成長を抑制します。

 

・カンゾウエキス

 

  抗炎症作用があり歯槽膿漏の炎症を緩和します。

 

・茶エキス

 

  消臭作用があるので歯槽膿漏による口臭に効果を発揮します。

 

・トウキエキス

 

  血行促進作用、抗炎症作用があり歯槽膿漏の症状を和らげます。

 

・液体タイプなので、口腔内の隅々まで行き渡らせることができます。

 

・防腐剤、研磨剤、発泡剤は配合していません。

 

 

 

送料無料

 

初回限定1,800円

 

全額返金保証付き

 

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】

 

 

 

 

第2位 プロポデンタルEX

 

歯槽膿漏,治す,歯磨き粉

 

>>歯周病専門薬用プロポリスハミガキ

 

 

プロポデンタルEXの特徴

 

・累計750万本も販売実績のある人気商品。

 

・殺菌作用のある薬用成分が歯周病菌や虫歯菌を抑えます。

 

・歯茎の血行を良くして、歯槽膿漏を予防します。

 

・生薬から抽出されてたグリチルリチン酸やフラボノイドが歯槽膿漏を予防します。

 

・強力なブラジル産プロポリスを配合。

 

・歯科医との共同開発

 

 

 

1,500円

 

送料無料

 

全額返金保証付き

 

 

>>歯周病専門薬用プロポリスハミガキ

 

 

 

第3位 薬用なたまめ柿渋歯磨き

 

歯槽膿漏,治す,歯磨き粉

 

>>なたまめ柿渋歯磨き

 

 

なたまめ柿渋歯磨きの特徴

 

・モンドセレクションで金賞を受賞

 

  モンドセレクションとは味覚や衛生面、パッケージに記載されている成分などが正しいか、原材料などの項目があり、専門家や評論家が審査を行います。

 

・上質な天王柿の柿渋エキスを配合

 

  柿渋には防腐作用や殺菌作用があり、歯槽膿漏の症状を緩和します。

 

・界面活性剤や発泡剤を含んできません。

 

・サンゴや貝殻など、天然由来の研磨剤を使用

 

・なたまめエキスを配合

 

  血行促進効果や免疫力の向上、排膿作用(膿を出す)などがあり、歯槽膿漏の改善に効果があります。

 

・天然塩やグリチルリチン酸ジカリウムを配合

 

  歯槽膿漏の予防、口臭の防止に効果があります。

 

 

 

初回限定980円

 

送料無料

 

 

>>なたまめ柿渋歯磨き

 

 

 

 

 

普通のお店で見かける歯磨き粉

 

ガム・デンタルペースト

 

ガム・デンタルペーストには、殺菌作用のある塩化セチルピリジニウム、炎症をを抑える効果のあるグリチルリチン酸2K、歯の再石灰化を促すフッ素が配合されています。

 

成分的には欲しい成分が全部入っているのですが、研磨剤と発泡剤も入っています。

 

この2つがネックとなっていますが、値段も安くどこにでも売っているのでとりあえず試してみるのもありかと思います。

 

 

 

システマ SP-T ジェル

 

システマ SP-T ジェルは殺菌効果が非常に優れています。

 

細菌が集まるとバイオフィルムという膜を張ります。

 

この膜が張った状態だと、殺菌効果があってもバリアされてしまって効果がありません。

 

しかしシステマ SP-T ジェルは、このバイオフィルムに浸透して殺菌しますので、とても優れた殺菌作用があります。

 

また、イプシロン-アミノカプロン酸が炎症を抑え、フッ素も配合してるので歯の再石灰化にも効果があります。

 

発泡剤は入っていますが、研磨剤は入っていません。

 

 

 

クリーンデンタル

 

クリーンデンタルには

 

口腔内を殺菌するために塩化セチルピリジニウム・イソプロピルメチルフェノール・ラウロイルサルコシン塩が含まれています。

 

また、歯槽膿漏の炎症を抑えるためにβ-グリチルレチン酸・ε‐アミノカプロン酸が含まれています。

 

さらにフッ素も含まれていて、歯を再石灰化します。

 

他にも、歯を白くするためのPEG‐8、口臭予防に効果のあるゼオライト、歯茎を引き締める塩化ナトリウム、歯茎の血流を促すトコフェロール酢酸エステルを含んでいます。

 

これだけでほとんどの口腔ケアをカバーしています。

 

 

 

アセス

 

アセスは1978年に佐藤製薬から発売された歯槽膿漏に効果のある歯磨き粉です。

 

抗炎症作用、抗菌作用のあるカツミレ、抗炎症作用、抗菌作用、収れん作用のあるラタニア、殺菌作用、収れん作用、止痛作用のあるミルラといった天然ハーブを配合しています。

 

研磨剤も入っていないので歯槽膿漏で吐出した柔らかい象牙質の部分を傷付けません。

 

ナチュラル志向の方にはいいですね。

 

 

 

コンクール ジェルコートF

 

コンクール ジェルコートFは塩酸クロルヘキシジンによる殺菌効果、β-グリチルレチン酸による抗炎症効果があり、フッ素による象牙質のコーティング効果があります。

 

研磨剤がひっていないので、柔らかい象げ質の部分を傷つけません。

 

歯科医で推奨していることも多く知っている方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

歯槽膿漏とは?

 

歯槽膿漏は、歯周病が進行して酷くなったときの状態です。

 

最近では歯槽膿漏とはあまり言わずに、歯周病という方のほうが多いようです。

 

歯周病がひどくなってくると、歯茎が腫れたり出血したりしてきます。

 

そのままにしておくと歯を歯茎が支えきれなくなって最後には抜けてしまいます。

 

年齢を重ねると歯槽膿漏で歯を失う方が多く、虫歯で歯を失う方よりも多くなっています。

 

また、日本人には歯周病にかかっている方が非常に多く、40歳以上では約8割の方が発症しているといわれています。

 

「みんなそうなんだって。」と言って放っておくと大変です。

 

歯が抜けてしまうと食事をしずらくなり、食べ物をあまりかまずに飲み込んでしまって胃や腸に負担をかけてしまい健康を害します。

 

また、歯が抜けてしまうと頬がこけて見た目にも老けて見えてしまいます。

 

 

 

歯槽膿漏の症状は?

 

歯槽膿漏の初期の症状としては、痛みもなく歯茎が少し張れる程度です。

 

この状態では歯周病に気づく人も少なく、何か対策をしようと思う人もほとんどいません。

 

初期の状態から気付かづにそのままにしておくと歯茎の組織が崩壊し始めて、腫れが日常的になり痛みを感じることもあります。

 

歯茎がぶよぶよして下がり、歯が長くなってしまいます。

 

やがて、歯茎から膿が出るようになり、口臭もきつくなってきます。

 

この段階まで来て、やっと気付き対策を始めることになります。

 

更に症状が進んでくると歯がぐらぐらになり、歯が抜け落ちてしまうのも時間の問題となります。

 

ここまで歯槽膿漏の症状が進んでしまうと、たとえ歯医者に行ったとしても限られた治療しかできません。

 

歯槽膿漏の怖いところは歯が抜け落ちてしまうだけでなく、心筋梗塞などの命にかかわる病気になるリスクがあることです。

 

 

 

歯槽膿漏の原因

 

歯槽膿漏の原因は歯垢です。

 

歯と歯茎の間のところに付く白い塊です。

 

あれは食べ物のカスではなく、普段は目に見えない細菌の塊です。

 

歯磨きをすると簡単に取れるんですが、どうしても磨き残しがでてきてしまいます。

 

加齢などによって抵抗力が下がっているときに感染し、歯茎が炎症を起こします。

 

磨き残した歯垢はだんだんたまっていき、やがて歯石になってしまいます。

 

こうなると自分でとることは難しく、歯医者に行って専用の器具でとってもらうことになります。

 

歯石は表面に細かい穴が開いていて細菌が住み着きやすいので、そのままにしておくのはよくありません。

 

また、一度炎症を起こすと歯周ポケットが深くなってそこに歯周病菌が入り込みやすくなり、歯槽膿漏がさらに悪化していきます。

 

 

 

歯槽膿漏の治療方法

 

歯槽膿漏を治療する方法は一般的に歯垢という細菌の塊を除去して、炎症を抑えます。

 

歯周病がそんなに進行していない初期のころなら、しっかりとブラッシングすることで治ってしまいます。

 

ただ、しっかりブラッシングしたつもりでも、少しづつ歯垢はたまっていくものです。

 

定期的に歯医者さんに行ってクリーニングしてもらうのもいいと思いますが、なかなかそうもいきません。

 

出来れば専用の歯磨き粉を使用して予防するようにしたほうがいいでしょう。

 

 

 

歯槽膿漏の予防方法

 

歯槽膿漏は初期の段階では気づきにくく、どんどん進行してしまいます。

 

なので、大事なことは常に予防を心がけることです。

 

そこで、歯槽膿漏を予防する方法ご紹介したいと思います。

 

 

 

1.よく噛んで食べる

 

これは唾液が良く出るようにするためです。

 

唾液は口の中を掃除してくれますし、殺菌作用もあります。

 

年齢を重ねると唾液の分泌量が減るために歯槽膿漏にかかりやすくなります。

 

唾液の量が少なくなってきたと感じている方はよく噛んで食べるようにしてみてください。

 

 

 

2.丁寧にブラッシングする

 

歯槽膿漏は歯垢が原因になるので、歯垢をためないように丁寧にブラッシングしましょう。

 

ブラッシングするときに人それぞれ手の動かし方に癖があるので、どうしても磨き残しができてしまいます。

 

専用の歯磨き粉を使って、意識して丁寧に磨くようにしてください。

 

また、デンタルフロスを使って歯と歯の間もきれいに掃除するようにしましょう。

 

食後にしっかりブラッシングしたほうがいいですが、食後すぐにブラッシングするのはよくないようです。

 

物を食べてしばらくの間は唾液による自浄作用があり、それを妨げてしまうからです。

 

食後30分ぐらいしてからブラッシングするようにしてください。

 

 

 

 

歯槽膿漏に効果のある歯磨き粉の選び方

 

歯槽膿漏を治すには専用の歯磨き粉を使って、毎日丁寧なブラッシングを心がけることが大切です。

 

ここでは歯槽膿漏に効果のあるの歯磨き粉の選び方をご紹介したいと思います。

 

 

 

殺菌成分の入ったもの

 

歯槽膿漏の原因は歯周病菌という細菌です。

 

なので、この歯周病菌を殺菌するために殺菌成分の入ったものを選びましょう。

 

具体的には、塩酸クロルヘキシジンや塩化セチルピリジニウムなどの殺菌成分が含まれているか確認してください。

 

中には、プロポリスなどの天然成分を含んだものもあり、商品の特徴となっているものもあります。

 

商品によって、どのような殺菌成分が含まれているのか調べてみましょう。

 

 

 

抗炎症成分が入ったもの

 

歯槽膿漏になると歯茎が炎症を起こします。

 

歯茎が炎症を起こすと痛みが出たり、出血したりします。

 

また、歯茎が腫れることによって歯周ポケットの奥まで歯ブラシの毛先が届かなくなり、歯周病菌が増殖してしまいます。

 

こうなるとなかなか治りにくくなってしまいますので、歯茎の炎症を抑える成分が含まられている歯磨き粉にしましょう。

 

具体的には、β-グリチルレチン酸やイプシロン-アミノカプロン酸などがあります。

 

 

 

研磨剤を含まないもの

 

歯磨き粉の中には歯を白くするために研磨剤で歯の表面を磨くものがあります。

 

ですが、歯槽膿漏に感染している場合には、研磨剤を含まない歯磨き粉を使いましょう。

 

歯槽膿漏に感染すると歯茎が下がってきて象牙質という歯のやわらかい部分が露出してきます。

 

象牙質の部分は、ただでさえ細菌の塊である歯垢がたまりやすいです。

 

さらに、象牙質の部分はとても柔らかく研磨剤の入った歯磨きを使って磨いてしまうと簡単に傷がついてしまいます。

 

象牙質に傷がついてしまうと、その傷の中で歯周病菌が増殖してしまうんです。

 

ただ、研磨剤の入っていないものを使っていると歯の黄ばみが気になってくるかもしれません。

 

そういうときには、1日に1回だけは研磨剤の入った歯磨き粉を使うなど工夫するようにしてみてください。

 

研磨剤は成分表に記載されている場合、「清掃剤」と表記されていますので参考にしてください。

 

 

 

フッ素が入ったもの

 

フッ素は歯の再石灰化を促す効果が期待できます。

 

歯槽膿漏で歯茎が下がり露出してしまった象牙質の柔らかい部分を再石灰化して保護してくれます。

 

歯周病だけでなく、虫歯予防の効果も期待できます。

 

 

 

発泡剤を含まないもの

 

発泡剤は歯磨き粉を泡立たせるために含まれています。

 

なぜかといいますと、泡立たないと「歯磨き粉を付けている気がしない」「汚れが落ちる気がしない」という気分的な問題で商品が売れないからです。

 

しかし、泡立つことで歯を磨いた気分になって磨き残しが多くなったり、ゆすぐときに念入りに行ってしまい有効成分を全部流してしまいますのであまり良くありません。

 

歯槽膿漏の場合には丁寧なブラッシングが大事ですし、有効成分を全部ゆすいでしまうのも良くないので、発泡剤を含まないものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

まとめ

 

歯槽膿漏を治す歯磨き粉をいくつかご紹介してきましたが、やっぱりおすすめはプロポデンタルです。

 

評判も良く、かなり売れてます。

 

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】